目の下のふくらみのせいで、黒い影となってクマのように見えてしまうと悩んでいる方も少なくありません。下まぶたにふくらみがある場合には、凹みなどの立体的な構造によって、影が出来てしまいます。このようなクマは、疲れてやつれた顔に見えたり、老けた印象になったりするばかりではなく、目元のたるみの原因にもなってしまいます。若い方であれば、余計にこのようなクマを改善したいと思われるのではないでしょうか。そんな目の下のふくらみが原因となっているクマの場合には、まぶたの裏側の粘膜から目の下にある眼窩脂肪を取り除く治療法が効果的だと言われています。これは、下まぶたの裏側を切開し、余分な眼窩脂肪を取る事で、クマの原因となっていた目の下のふくらみを減少させ、すっきりとした印象の目もとにする手術です。外から見えるキズ跡は残りませんし、抜糸の必要もありません。また、入院する必要もなく、翌日に軽いむくみを感じる程度で、すぐに自然な状態に落ち着きます。直接、眼窩脂肪を取り除く為に、目の下のふくらみがある方であれば、すぐにその効果が実感出来るでしょう。目の下のふくらみによって伸びてしまった皮膚は、年齢を重ねるごとにハリを失い、次第に深いシワへと変化していきます。眼窩脂肪を取り除く事で、目の下のふくらみを改善し、クマの治療はもとより、将来的なシワやたるみを予防する事が出来るのですー